ビタミンB2は夫婦仲を約束する。
    
家庭内離婚や家庭崩壊などが社会的に問題化しているますが、その大きな
原因に日本の食生活の変化があげられるのではないでしょうか。かつて、日本
の朝食といえば納豆にシジミ汁、ご飯。一見粗食のようでありますが、ビタミンB1
ビタミンB2がふんだんに含まれ、実はこれにメザシの一本でもついていれば、ほ

とんど栄養的には理想的だといってよいのです。ところが、最近は遠距離通勤の
ために時間がない。朝はパン一枚かじって、インスタントコーヒーを流し込むだ
け、あるいは駅の立食いそばで盛りそばをかっこむ。これでは、ビタミンB2が不
足すると、まず、体がだるくなり、何もやる気もなくなってしまのです。

 会社の仕事もやっとのことで、帳尻を合わせるという仕事ぶりは、当然、出世
にも響いてきます。もっとこわいのが家庭生活への波及です。家庭生活のなかで
もとくに核にある夫婦の生活、とりわけ、夜 のほうがほとんど燃えなくなります。

 最近の不倫ブームも、女性のほうがお盛んです。という。奥さんのほうは、「亭
主元気で留守がいい」とばかりに、昼間はグルメランチで栄養バッチリ、あまりあ
まったエネルギーでセックスフレンド・ハントに精を出す、という具合。夫との燃え
るような夫婦生活を期待したいなら、朝食をしっかり用意するですよ。ビタミンB2
を豊富に含む食品といえば、牛乳、チーズ、ヨーグルト納豆、野菜ではセロリ。

和食党のご主人なら納豆をパン党にはミルクを添えたチーズトーストなどを用意
して、「あなた、起きて下さい、時間ですよ」の一声もかけたい。しっかり朝食を
食べて出かければ、仕事にも大いに精が出、勤務評定アップも期待できるし、
なにより、夜が待ちどおしくなる。下手なスタミナ食を用意するよりも、まずは朝
のビタミンB2食を皆さん試してみてはいかがでしょうか?




戻る