SEXをすると健康になるといわれるのはどうして
   
 
 セックスは大変エネルギーを消耗しますね。例えば、週に3回セックスを
 している人は、1年に換算すると8400カロリーも消費していることに
 なるのです。健康な体重60キロの男性が10分間サッカーの試合に出場
 しると、その消費カロリーは82.1カロリーですので、セックスだけで
 
 年間6試合のサッカーの試合にフル出場してボールを追いかけるのと同じ
 消費量となります。また、セックスによってテストステロン(※1)の
 分泌が増えると骨や筋肉がじょうぶになり、善玉コレステロールも増える。

 あるいはオルガスムスに達する直前に分泌されるDHEA(※2)という
 ホルモンには、刺激に対する認知能力を高め、免疫システムを強化し、
 腫瘍(しゅよう)の成長を押さえたり、骨の育成を助けたりする働きがあ
 る。女性の場合は、エストロゲンが分泌され、骨と心臓の血管を強くする

 以上のように、セックスによって各種ホルモンの分泌が促され、心臓を守
 り寿命を延ばす効果が確認されているのです。

 セックスには、このような効果があるのを知っていましたか?
 

※1 大部分が男子では精巣、女子では副腎と卵巣で産生される男性ホルモ
  ンの一種。男性ホルモンのテストステロンの分泌量は、年齢とともに減
  少し、30代後半頃からの性交意欲や能力が衰える一大要因とされています


※2 DHEAは、副腎(腎臓に被さっている帽子状の器官)から分泌されている
  ホルモンで、ホルモンやホルモンの中間体の代謝前駆体(変化前の物質)で
  あるため、ホルモンの母と呼ばれています。DHEAは、生まれたときから
  副腎や生殖腺でたくさん作られ、テストステロン(男性ホルモン)及び
  エストロゲン(女性ホルモン)に変化します。


                                             タケ
 



戻る