上つき、下つき、それぞれによい体位があるの知ってますか

女性のあの部分の位置も、感度に大いに関係する、という俗説があって
男どもが集まると、どっちがいいかなんて話にうつつをかえすことがよく
あります。膣口の位置が肛門から離れていれば、「上つき」肛門に近い
ほど「下つき」ということになっています。しかし、どんなに、上つき

であっても、実際の距離の差はわずか1センチほど。それでも、男性の
ほうには、「上つきはいい」という信仰があるのだから、不思議ですよ
ね。一般に、このワレメの位置は成人女子では直立したときに、正面か
ら陰核の3分の1くらいが見えるのが普通。成人で、といったのは、

ワレメの位置は年齢によって移動するのです。幼児期にはかなり、上つ
きで直立させるとほとんどまる見え。成長するにしたがって後方に移動
し、しだいに下つきになっていく。下つき女性を恋人にもつ男性のなか
には、いまひとつ、と不満をもつ方も多いようですが、性器の位置と

感度は全く関係がありません。ただし、上つきの場合と下つきの場合
で、感じやすい体位が微妙に違う、とうことは知っておきましょう。
彼女が感じてくれなければ、あなたは、いまひとつ燃え上がらない
はずです。上つきの場合は、あおむけに、寝たときに膣がいくぶん上向
きになるので、やはり正常位のほうが感じやすいのです。

反対に下つきの場合は後背位や騎乗位が感じやすい体位なのです。
上つき、下つきって、女性経験のたくさんある男性じゃないとわからない
かもしれませんね(^.^)/





戻る