女性にとって「早漏」の男性ほど期待を裏切るものはありません。

男性のピークが射精に凝縮されているのに対して、女性のエクスタシーは導入部からしだいに高まっていって、次にクリトリスを筆頭に体全体への十分な前儀があり、そしていよいよ挿入。



この挿入で膣への刺激とクリトリスへの刺激が合わさった状態で、必要な時間の経過と共に絶頂を迎えるのです。

そして、早漏の男性をはじめ最も女性が嫌うSEXが「早い男」なのです。

女性からすると前義が終了して「いよいよこれから」というときに「えっ!!」と思ったら、あっという間に発射されてしまうと、自分だけ取り残された気分になってしまって、「こんなことなら、はじめからしないほうが良かった」と思われてしまうのです。

しかし、女性の殆どが「早漏の男性」と「自分勝手な男性」の区別が付いていないと思われます。そのへんを掘り下げて見ます。

◆≪ 早漏男性の現状 ≫◆

まずは、「早漏の男性」と「自分勝手な男性」の違いを考えます。

結婚して数年経っていたり、一人のパートナーと長く付き合っているとどうしても男性は「自分勝手なSEX」をする傾向があります。まさに、女性を「道具」としてしか考えていないようなSEXです。自分だけが満足出来ればいい自分本意のSEXです。これは、半分は自分で射精をコントロールしていると考えられます。

当然、このようなSEXでは女性は満足できませんから不満を持つわけです。

そして、「早漏の男性」の場合も女性は満足できないのですが、早漏の場合は男性自身は自分ではどうにもコントロールが出来ない状況になっているのです。

実は、自分が早漏だと考えている男性は案外多いのが現実です。男性の50%以上が「自分は早漏である」もしくは「自分は早漏の時がある」と考えています。早漏を定義するのは非常に難しいのですが、膣内挿入前に射精するか挿入直後射精する場合には早漏症だと考えてもいいと思います。

男性が射精反射を随意的に調節する事ができなくなり性交時自分の意志より早く射精する現象を早漏症といわれています。

早漏で切実にお悩みの方は、私も実践しました。こちらの方法もお役にたてるはずです。こちらをご覧下さい。



◆≪ 早漏の原因 ≫◆

早漏の原因は色んな事が考えられます。

射精の仕組みは、勃起中枢の興奮が陰茎に伝わり完全に勃起したとき、その興奮が射精中枢へと伝わった瞬間、交感神経の緊張によって前立腺や精嚢が収縮し、精液が尿道をとおって射出されるというプロセスを経ます。

しかし早漏の場合は陰茎の勃起が完全でなく、あるいは完全に勃起したとしても陰茎からの刺激が射精中枢に十分に蓄積されないまま精嚢が収縮してしまうのです。これはどういう現象かというと、視床下部からの刺激が過剰なまでに強く、勃起中枢の興奮が射精中枢に伝わってしまうために起こるのです。

わかり易くいいますと、主に「亀頭部分」や俗に言う「裏筋」の部分の刺激に対して敏感に反応する事で脳に「射精をしなさい」という間違った命令を出してしまうのです。特に、これは完全な勃起がなされていない時におこりやすいのです。


◆≪ 早漏の対処法いろいろとその欠点 ≫◆


いままで、多くの人が早漏の対策をこうじてきました。それらの方法を紹介します。

●オナニーで訓練

オナニーをして、射精の直前になったらいったん全てを停止します。そして、おさまった頃に、またオナニーを再開します。これを3〜4回続けて最後に射精します。

●パートナーと一緒に訓練

射精感が感じられ始めたらペニスを抜いてパートナーに、親指を上にし人差し指と長指を下にして亀頭と陰茎が会う部位を握って強く圧迫してもらいます。射精衝動感が無くなってからまた性行為を続ます。ペニスを抜いてからペニスの首を絞めた後また挿入する単純な動作ですが一ヶ月以上続けると射精時間を延ばすことが可能です。

●薬物療法

射精中枢に作用して射精反射を延ばせる薬用を服用します。約70%の早漏症の男性が薬物服用で明らかな改善を見せますが、再発率が高いという問題点があります。

●ゼリー&スプレーによる療法

陰茎の知覚過敏を緩和させるゼリーやスプレーを使います。しかし、これは同時に挿入する女性の膣内も鈍感に成ってしまう可能性が有ります。

そのほか、病院にいくといろいろな方法がありますが、よっぽどの早漏でない限り、なかなか相談し難いのが現状だと考えられます。


◆≪ 最善の解決策 ≫◆

以前も書きましたように、私自身EDで悩んでいたのですが、それ以前の正常に勃起していたときからの最大の悩みは「早漏」だったのです。

そして、見事天然バイアグラによって復活を果したのですが、はじめの内は以前にもまして、早漏がひどくなっていました。これは、久し振りの刺激ということもあったと思うのですが、なれるまでは妻には迷惑をかけました。

そのうちEDが完全に良くなりまして、以前にも増して硬さが出てきたことから突然、「早漏」はどうしたのだろうの思うぐらいに長持ちするようになったのです。

不思議に思いましていろいろ調べていきましたら、原因がわかってきたのです。

男性が最も刺激を感じるのは「亀頭」や「裏筋」です。亀頭のほうが主だと考えていましたが、実は膣の中で最も射精の切っ掛けになる刺激は裏筋の方が大きいのです。これは、女性上位の体位で女性が腰を前後に移動させた時に、肛門に近い方の膣が裏筋を刺激して、男性は自分でその刺激をコントロールできなくなり射精してしまう体験をした事が誰もがあると思います。

そして、この裏筋の部分は2種類ある海綿体の内の尿道海綿体なのです。男性のペニスは尿道海綿体を包みこむように有る、蔭茎海綿体に血液が流れ込む事で勃起しますから、一番感じる尿道海綿体を蔭茎海綿体が守っているような状態なのです。

ということは、蔭茎海綿体が硬ければ硬いほど尿道海綿体の刺激は抑えられますから、射精をコントロール出来るのです。更に、亀頭の部分も、ある程度の硬さがあると刺激が和らぐ事がわかっていますから硬い勃起こそが、最も有効な「早漏対策」になっていたのです。

以前も書きましたが、硬いペニスは女性の膣とクリトリスを同時に刺激することが出来、更には自身の早漏の対策にもなるのです。

現在は、殆どのカップルが大変難しいと言われている「二人同時にイク」ことも可能になり、射精のタイミングを見事にコントロール出来るようになりました。

全ては八起源のおかげです。

そして、一番はじめに書きました「自分勝手な男性」に付いてですが、その方たちはもしかしたら勃起力が衰えているのかも知れないですね。

完全な勃起が得られなくてどうしても射精がコントロールできなくて・・・。しかし、パートナーに「早漏」だと思われるのも嫌なので弁解もしない。相手からすると完全に「自分勝手な男性」に見えてしまいます。本当は少しだけ早い事を隠しているのかも知れません。

八起源に付いては・・・

情報提供:ライフパートナー総研

楽天ウェブサービスセンター







戻る