女性からの相談を受けていて非常に多いものに、女性の不感症の相談があります。その多くは自慰では達するけど、彼との性交で達しないという悩みです。

結構、その悩みは深刻で一生不感症のままなのかとか、どうしたら感じることができるのか・・・と女性達もかなり悩んでいるのです。原因の多くは性交の場合の性感は膣で感じるのだという誤解から来ていると思います。そこで私なりにその傾向と対策を考えてみました。


自慰ではイケるのに

女性の自慰は主にクリトリスを刺激するのが一般的でしょう。刺激の仕方も指でいじることが多いと思います。そのいじり方もコスルのがほとんどで、トントンとたたいたり押すだけの刺激で感じることは少ないのではないでしょうか。

実際に性交の場合はピストン運動が主になるので、クリトリスにはたたくような刺激が中心で、自慰の時とはかなり刺激が違ってきます。ですから自慰ではすぐにイケるのに性交ではなかなかイケないということが起きるのですね。ここがポイントです。


膣では感じない?

女性器の性感帯はクリトリスに集中しています。膣は男性器でいえば亀頭ではなく陰茎(サオ)にあたる所で性感帯が集中しているのは亀頭とその周辺ですから男性だって陰茎だけ擦っても射精するのは難しいものです。そのように膣は医学的にも性感が発達していない部分なのです。だから膣への刺激はこの陰茎だけ擦っているのに近いものがあると思います。 たしかに膣でもGスポットなどは感じやすい所ですが、けっしてクリトリスほど女性の全員が敏感に感じるというわけではありません。

膣だけでクリトリス以上に深く強く感じることができるしクリトリスとはまるで比較にならないという一部の女性の根強い主張もあるようですが、このあたりはセックス中の陶酔感や自己催眠など一種のトランス(放心)状態のような状況もあるので、実際にはそういう方は決して多くはなく希なのです。ただ、回路を作れば膣で感じることも可能でしょう。(後述)


セックスのミスマッチ

ところが、男性も女性も膣で感じるものだと思って性交している場合が多いのが現状です。どうして、こうなったのか私は実に不思議ですね。

おたがい膣で達すると思いこんで鈍い膣を激しくピストン運動で刺激しているのです。先にいったように、女性器の性感はクリトリスに集中しているので、ここを無視して膣を刺激し続けても、なかなかエクスタシーに達するものではないのですよ。

ピストン運動だけで女性がイキにくい理由もそこにあるのです。また後背位で女性がイキにくいのはクリトリスにまったく刺激が加わらないからです。 ここで、そうだったのかあと深〜くうなずく男性方も多いことでしょうね。


まずクリトリスでいこう

男性も女性もクリトリスで女性が達するのだということを十分に認識して、性交中はそこに刺激が集中するように工夫してみてください。男性もこれがわかってないと、パートナーはいつまでたってもイケないままですよ。ここも大切なポイントです。

男性はピストン運動はもちろんしてもいいのですが、そればかりではクリトリスへの刺激は、トントンとタップのようで感じにくいですから、根元を押しつけて擦りに近くなるように腰をグラインドしたり上下や斜めに動かす運動を加えてください。膣をペニスで攻めているのではなく、ペニスの根部でクリトリスを攻めるイメージが大切です。女性も性交時も自慰で感じる時のようにクリトリスに神経を集中して性感を高めましょう。これなら、今まで性交でほとんど感じなかった女性も必ず深く感じると思います。

やっとそこまで体験したら、次は幻ともいわれている膣性感に挑戦してみるのもいいでしょう。中にはそこから、膣で感じる女性も出てくるでしょうね。ただ、それも膣単独で達するのは非常に希でクリトリスを中心とした挿入感による複合的な達し方が多いと思います。膣のみで達するのはクリトリスにはノータッチでバイブだけでイケるような状態と言えるでしょう。 それは超人的なワザなのです。 ま・本当は脳でイっているのですから、それも不可能ではないと思いますが。(後述・脳内麻薬エンドルフィン)


体位の工夫

まだ性交でイッたことのないビギナーは体位もそのために工夫した方がいいでしょう。なかなかイカない女性相手に私が推奨する体位は次のようなものです。

正常位で挿入したまま女性が足を真っ直ぐに伸ばして腿を閉じます。男性はその上から自分の下肢で女性の下肢をはさむようにします。

私の理論では、男性器をはさむようにする体位がクリトリスの内圧も高まり、刺激を一番感じ易い状態になるのではないかと考えるからです。さらに足を伸ばして力を入れるとクリトリスの感度はあがります。足を伸ばさないとイケないという女性の方がいますが、それがその理由です。

そして男性は亀頭ではなく陰茎の基部でクリトリスをコスるイメージで性交するのがよいでしょう。ゆっくりしたピストン運動とグラインドを交互に繰り返してみてください。決して、激しくしたり強くする必要はありません。時々はそのまま押しつけるように静止してみてください。きっと、めくるめく次の次元がやってくるでしょう。


脳内麻薬エンドルフィン

先に脳でイクという表現をしました。そんなんことを 考えたこともなかったり、初めて聞いて驚く方も多いでしょうが、イクということは男も女も実は脳でイッているのです。男性は射精という現象がともなうので、いかにもペニスでイッていると考えてしまいますが、実は射精と同時に脳で脳内麻薬と言われるエンドルフィンが放出されて達するのです。女性は射精という現象が起こらないのに、いったい何処で何処がイクのかという謎がそれで解決できたでしょう。つまり、女性も絶頂期に脳内にエンドルフィンが放出されているのです。


ボタンを開発して膣性感にも挑戦してみましょう

クリトリスは女性では誰でも感じる部分なので、エンドルフィンを出すにはいいボタンだといえます。これがクリトリスなら誰でもイキやすい理由なのです。先ほど膣は鈍感でイキにくいといいましたが、いいボタンがないからなのです。でもそれも訓練しだいで、いいボタンになる可能性はあります。Gスポットや子宮頚部(奥のコリコリした所)などは、開発の余地はあると思います。個人差はありますので、他の部位もボタンになる可能性をもっています。女性は射精がないのですから、どこでもボタンにできるかもしれません。人によっては乳首だって夢ではありません。 ボタン→刺激→エンドルフィン放出→エクスタシー という流れを作ればいいのです。二人でいろいろ挑戦してみてください。

重要なのは男性自身の固さです。

先ほど紹介した体位でのSEXで、最も重要に成るのが男性自身の固さです。硬くないペニスではこすれても感じないのです。男性の固さを維持するお薦めのサプリメントはここから・・・


もし、膣の締りに自信がなかったり、パートナーにそんな事を言われて不安に思った事がある方はここをみてください。膣のトレーニングによって、男女双方の感度を上げることも可能です。






戻る