コンセプト
ご質問   
life-partner@mas.fromc.co

      
を配信中です。

女性の為のオーガズムを知る方法!」をセクシャルカウンセラーのナナミがお伝えします

無料、メールセミナーは3回になっております。

なかなか快感を得られない「イケない!」膣の締まりが良くなりたい!尿漏れが気になる!
産後の膣のゆるみが気になる!     ●出産を容易にしたい!

こんな悩みをお持ちの
女性にも役立つ情報を配信しておりますので読んで頂けたら幸いです。

フリーメールアドレスの場
メールが届かない場合がございます、その場合は正規のアドレスで登録してくださいね!
無料セミナーのご参加は、こちらからです。
氏名
姓: 名:
E-Mail ※


膣圧トレーニング器具 ケーゲル エクササイザーがお役に立てるはずです



この商品は膣の締まりを特許の実力で変えてくれくれるでしょう。

すでに523名から感謝のメールを頂いております。ありがとうございます

これから先はケーゲルについての情報ですのでご興味のあるかたは
ご覧下さい。

タケは「エッチ大好き!目からウロコの H ゼミナール」という
メルマガも、まぐまぐから発行しているので良かったら読んで見て下さいね!




参考資料  オーガズムトレーニン 女性の尿失禁のお話




事実 30歳から59歳までの女性の10人中3人が尿失禁を経験しているということが研究でわかっているにもかかわらず、わずか4分の1の女性のみしか医師に治療をうけていないのです。

事実 気恥ずかしさか、失禁、膣の締まりの悩みは、恥ずかしくて相談できないという思い込みから、女性が医師にそれを伝えるのに平均9年かかっているということが全国の調査で分かっている。これは医師が女性である。また 膣の締まりに関する相談ができる機関があれば、もっと、早く解決していたと思うと口々に女性は答えています。きっと、あなたもそうだったでしょうね

事実 女性の中には閉経後、更年期に排尿調節に問題抱える人もいます。いや、ほとんどの方がお話を聞くと問題を抱えているのです。

事実 18歳から59歳までの女性のうち、43%が何らかの性的不満を持っている。
SEXをしても気持ちよくない、自分の膣の締まりがゆるいのでSEXをしたくない。オーガズム(イク)ということを経験したことがない。みなさん、なんとかしたいと思っているのです。

事実 Berman & Berman 医師は、70%近くのカップルが、ふたりの関係のあるポイントにおいて、性的な問題を抱えていると結論づけている。あるポイントとは 性器のことです。 アソコが大きい、小さい、締りが悪い、すぐに射精してしまう といった問題です。

事実 日本人女性全体で、オーガズムを経験した事のない人は、全体の61%にのぼる。また、オーガズムを経験した事のある女性の中で、毎回それに達する女性はたったの32%しかいない。これは膣内が開発されていないのも原因なのです。

事実 出産の際に、赤ちゃんは骨盤底筋の中心を貫く産道を抜けるために、筋肉は最大限に伸び、尿意を感じさせる神経や骨盤底筋を傷つけられることがあります。出産を経験されたあなたはどうでか?

事実 出産を経験した女性の約85%が、自身の膣の内部を以前より強く締めつけれないと感じている。





なぜ、ケーゲル法が世界中の医師に推奨されているのでしょうか?


1940年代に、産婦人科医ケーゲル博士は、尿失禁の問題を持つ女性のための体操を考案しました。

体のどの部分においても、ベストな健康状態とは筋肉の正常な緊張状態が不可欠なものです。とりわけ、骨盤底筋[PC筋]の緊張を保つことは重要です。と言うのも、この筋肉が内臓を定位置に保っているからです。虚弱な骨盤底筋は、尿失禁、頻尿、性反応の問題、骨盤の痛みなどの症状につながります。

このトレーニングは、骨盤底筋と括約筋(尿道の周囲にある筋肉で、締めたりゆるめたりして排尿をコントロールします。)を強め、排尿調節機能を回復する手助けとなって、優れた働きをしました。彼の患者達は「性的にも大きな満足を得られた」と報告しており、患者が骨盤底筋を強めて調節することを身につけると、様々な症状の改善を促す結果に繋がりました。

このKegel博士が考案したエクササイズはKegel法として、世界中の医師によって推奨されています。わが国日本でも、研究者や学会によって80%を超える有効性が報告されています。




さあ、あなたもやってみてください!

[PC筋の位置を確認する方法]

筋肉の場所を確認する1つの方法は、トイレに座って尿を出してみることです。その骨盤底筋を収縮することで、排尿を途中で止めます。正確な筋肉群を意識して収縮させるのに慣れるまで、数回、この動きを繰り返します。腹筋や太ももの筋肉を引き締めないように注意してください。

[一般的なKegel法]

正確な筋肉群を認識しそれをトレーニングする方法は、まず、膣に指を入れ、そして尿を止めるような感じで指の周りの筋肉を締めつけます。腹筋や太ももの筋肉はリラックスしたままにして置いてください。10秒間、膣を閉じるように努力しながらPC筋を引き締め、それからリラックス。

これを1日に5分から10分、1週間のうち3日から5日行うようにします。






しかしながら、わずか5%の女性しか・・・


ケーゲル法は、それを発案した産婦人科医、Arnold Kegel(アーノルド・ケーゲル)博士にちなんで名づけられました。それは、膣、直腸、尿道の部分を囲む筋肉を強化するPC筋の訓練です。

女性の人生には骨盤底筋を弱めてしまう幾つかの出来事があります。妊娠、出産、肥満がその代表です。幸い、これらの筋肉が弱くなってしまっても、自分で努力する事で、再度強くすることができます。PC筋は他の筋肉とまったく同じように、トレーニングによって強くできます。排尿調節機能に問題を持つ女性も、ケーゲル法とも呼ばれる骨盤底筋のトレーニングで、コントロール能力を取り戻せるのです。

2つの骨盤底筋は、沢山の仕事をしています。最も大きなものはハンモックのように伸縮し、他方は、トライアングルのような形です。これらの筋肉が、尿や便の漏れを防ぐのです。あなたの骨盤底筋がどのように配置されているかも確認してください。


[ケーゲル法の恩恵]

1、両パートナーにとっての性的喜びが高められる
2、くしゃみや咳の時の尿漏れの改善
3、骨盤組織を維持する為の筋肉をつける事により健康を維持する
4、会陰部が収縮しやすくなる事により、出産をスムーズにし、出産後の
  女性器の回復を促進する(裂けること、切開がよりまれになる)




  しかしながら、わずか5%の女性しか、従来型のケーゲル法を
  実践できないことが調査で分かってきたのです。



[従来のKegel法の問題点@]

従来型のケーゲル法を行う際に、ほとんどの女性が経験する第一の問題は、骨盤底筋を正しく位置付けられなことです。「絞り込む」べき正確な筋肉を認識できないので、進歩をモニターすることも、結果を診ることもできないのです。通常のウェイト・トレーニングにおいて、結果を計測できないとしたら、つらい運動が実りないものと見なして、あきらめてしまうでしょう。


[従来のKegel法の問題点A]

薦められているように1日に200回以上のケーゲル法を行うには時間がかかり過ぎます。ある目標が達成されたら、効果がなくなってしまうのです。筋肉を鍛えるとき、最も有効な手段は鍛えたい筋肉に抵抗をかける事なのです。抵抗の無いトレーニングは、バーベルを持たずにするウエイトトレーニングのようなものです。



従来の問題点を飛躍的に解決する方法は






大阪 デリヘル