多くの女性たちが、純粋に性感上の理由で骨盤底筋を強めようとします。骨盤底筋が膣の外側を取り囲んでいるため、ケーゲル法に熱中する女性たちは、潜在的なオーガズム、Gスポットの感覚、性的覚醒の促進を経験することができます。ケーゲル法がオーガズムを強烈に高め、女性が多様なオーガズムに到達する助けになると主張する人たちもいます。

事実:18歳から59歳までの女性のうち、43%が何らかの性的不満を持っている。

事実:Berman & Berman 医師は、70%近くのカップルが、ふたりの関係のあるポイントにおいて、性的な問題を抱えていると結論づけている。


1940年代に、産婦人科医ケーゲル博士は、尿失禁の問題を持つ女性のための体操を考案しました。この体操は、骨盤底筋を強め、排尿調節機能を回復する手助けとなって、優れた働きをしました。彼の患者たちは、性的にも大きな満足を得られたと報告しており、その中には、生まれて初めてオーガズムというものを経験したという人さえいたのです。

後に彼は、50年代前半に発行された記事の中で、こう報告しています。ほとんどの場合、患者が骨盤底筋を強めて調節することを身に付けると、性反応に自然な向上があった、と。

ケーゲル体操は、世界中の多くの国で教授されています。出産教室に取り入れられたり、人気の女性向け雑誌に登場することもあります。昨今流行の性調査のおかげで、時には合衆国の健康学のプロによっても教えられています。

ともあれ、最近の実践と調査によると、健康と骨盤底筋の状態が直接的に性的な喜び、オーガズムに達する能力に対し、直接的な影響を及ぼすことが証明されています。女性においては、骨盤底筋の強さと、性交渉時のオーガズム到達能力には直接的な相関関係があるのです。骨盤底筋を強化することで、あらゆる形の刺激からでも容易で強烈なオーガズムを得ることができるようになります。

女性の骨盤底筋が強ければ、男性はよりうまく射精調節ができて、さらに快感の伴うオーガズムを迎えられるのです。強い骨盤底筋は、男性たちが多様なオーガズムを体験できる理由ともなっているようです。

医師は、骨盤底筋を強くするために、ケーゲル・エクササイザーを薦めています。


戻る