フェラチオでもっと興奮させる催眠効果とは 


ご存じ、AV男優の加藤鷹さんが、行っている方法なんですよ。
彼女にフェラチオしてもらっているときに、髪の毛や頭をまさぐるフリ
をしながら、彼女の耳の穴を両方とも指でふさいでみましょう。すると
ペニスをくわえているときのクチュクチュ音が、彼女の頭がい骨の中い
 
ぱいに響き渡り、自分の出している音に酔って興奮してしまうのです。
聴覚刺激による催眠理論からして、この方法は効果テキメンなのです。

セックスは脳でするものです。摩擦などの皮膚感覚だけでなく、視覚や
聴覚、嗅覚刺激からも快楽を得られるのはそのためです。むしろ、相手
に指一本触れなくても興奮したり快感を与えたりすることは可能なので
す。視覚効果をセックスに応用する方法はいろいろあります。女性のあ
 
られもない姿を鏡に映して見せるとか、ペニスを挿入したときに、彼女
の体を起こし気味にして、結合部分を見せるなど。聴覚刺激の基本は耳
もとでセクシーな言葉をささやくこと。エッチしているときに、女性の

体がどうなっているか、実況中継みたいに聞かせてあげることです。そ
して、相手の耳をふさいで、自分が出している音を聞かせるのは、ヘッ
ドホン効果を狙った応用へんなのです。人間の耳には、左右のボリュー
ムを調整する機能はついていません。だから、右の耳だけボリュームを

大きくして、左は小さくするということは不可能なのです。しかし、ヘ
ッドホンを使うと、人為的に左右の音のバランスやボリュームを変える
ことができます。本来左右の調整ができないはずなのに、ヘッドホンに
よってそういう音を送り込まれると、人間の耳は何かその状態を調整し

ようとしても、もともと調整回路を持ち合わせていないため、脳がパニ
ックに陥り、最終的にはリセットされて、耳から入る音がそのままイン
プットされてしまう。これが、いわゆる催眠効果理論としてしっかり確
立されています。この理論を応用して、催眠やヒーリングをおこなうケ

ースは今でも少なくありません。加藤鷹さんは、常に相手にしゃべりか
けることが大切だといっています。それは、実はこの催眠効果を最大限
にいかすためなのです。気まずい沈黙の時間を作らないようにするため
では決してないのです。こういった、鷹さんの方針のバックグランドが
 
理解できていないと、ただやみくもに話かけても、相手にうるさがれる
のが関の山でしょう。日常会話でもベットの中でも「声がけ による
催眠効果」を重要視しているからこそ、鷹さんは女性にしゃべりかけて
いるのです。

このことが載っている本が加藤鷹さんの
秘儀伝授です。
この本は加藤鷹さんが潮吹きのテクニックも教えるDVD付きの本です。
タケ的には、男性の皆さんによんでもらうと、より女性を自然にSEXに
導き方を教えてくれますよ。オススメの一冊です!





戻る